フォルダ内の特定のファイル名を削除する

画像ファイルを自動処理にかけて、一度に加工する場合がある。ファイル名の重複を避けるために、”{元のファイル名}-min.jpg”のように、ファイル名に文字列が追加されることがある。

この追加された文字列を、今まではFlexible Renamer を使って元のファイル名に戻していたが、アプリを立ち上げるのもつらくなったのでバッチファイルを利用するようにした。

前提

workarea 画像の一時展開場所。ウェブサービスを利用して、ファイルをダウンロードする場所にもなっている

手順

    1. \workarea フォルダに、処理するファイルを用意する。
      photo1-min.jpg
      photo2-min.jpg
    2. 処理するファイルと同じフォルダ内に、”del_file_name__min.bat” というバッチファイルを作成し、次のように記載する。

      バッチファイル内の”%fname:-min=%” が置換処理になっている。
      “%fname:{置換前の文字列}={置換後の文字列}%”
    3. 作成したバッチファイルを実行する。
      正しく実行されれば、同フォルダの対象ファイルは、次のようになっている。
      photo1.jpg
      photo2.jpg
    4. 作成したバッチファイルを、ランチャーに登録しておく。

ランチャーに登録しておけば、処理のたびにこのバッチファイルを実行するだけで済む。

参考:ファイル名をリネームする【Windows】

プロジェクト管理のできるグループウェア比較

プロジェクト管理や電子印鑑で仕事を早く進める方法を模索している。「グループウェア」というサービスがそれを実現する。紹介動画を見て、試用するサービスを「brabio」と「サイボウズ Office 10」の2つに絞り込んだ。

brabio
http://brabio.jp/
エクセルに似たガントチャートが使える。エクセルより早い(自称)

▼ ブラビオの使い方をご説明!
https://www.youtube.com/watch?v=DYkw3MJmcdw#t=601.761
ガントチャートで作業名、対応者、期限を決められる

サイボウズ Office 10
http://products.cybozu.co.jp/office/
プロジェクト管理がある。機能は多すぎるが制限できる

サイボウズ Office 10 機能紹介 <ファイル管理編> – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=fkQKlVsnddo
バージョン管理付き、閲覧権限もつけられる

サイボウズ Office 10 機能紹介 <ワークフロー編> – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=aMBYaOleTtM
稟議書の代替になる

サイボウズ Office 10 機能紹介 <スケジュール・施設予約編 …
https://www.youtube.com/watch?v=-uwIgGjre7c
施設を予約できる
複数人のスケジュールを作ることもできる

サイボウズ Office 10 機能紹介 <メッセージ編> – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ROC-c0dMZk8
グループを決めてメッセージのやりとりができる(添付も可能)
増員や引き継ぎもやりやすくなる
社内のメールを「メッセージ」に限定することで、情報漏洩を防げる

サイボウズ Office 10 機能紹介 <日報(カスタムアプリ)編 …
https://www.youtube.com/watch?v=gGicl-4Sayg
日報アプリを追加できる。上司は報告される日報を整理して、未確認日報を確認できる

Backlog
http://www.backlog.jp/
制作会社、プログラマ向け?
プロジェクトの見える化、ファイル共有の支援ができる

Backlogビデオチュートリアル「課題管理編」 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=msj60VdEOf0

Backlogビデオチュートリアル「ガントチャート編」 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qPuOiN4cbK8

Backlogビデオチュートリアル「ファイル共有編」 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=cGoYJCR6d_U

ChatWork
http://www.chatwork.com/ja/
グループの作成、会議(文字、ビデオ)、タスク管理、ファイル共有の4つの機能だけある。アプリ機能を覚えきれない人が多い組織に向いている。
ガントチャートなどはほかのアプリ(Excel など)で作成して共有する。

現地でチェックすること-引っ越し先捜し

引っ越し先を探すとき、ネットで候補を絞り込んだ後、現場で何を見るかポイントを書き出した。男性の単身用なので、女性、子供、年齢によって要求を追加するといいと思う。

□住人の人柄、外人、学生の有無(騒々しいかどうか)
□ゴミ出しスペースは24時間出せるか、スペースは清潔か(汚いと乱暴な住人が多い)
□室内の清潔具合はどうか?(リフォーム後でも老朽や経年劣化で汚れている箇所があるか)
□敷地内の清掃具合はどうか?(割れ窓理論で、壊れっぱなしの柵や階段、照明などの設備があると治安が良くない)
□隣接する壁を叩く(RC造なら問題ない、隣の音が返ってくると、音漏れしやすい)
□水回りのシンク下チェック(漏水があると湿気の多さや設備の腐食がある)
□トイレの換気扇の有無(生活臭を排除できるか)
□全方位の窓を開けて、音、においの問題(音が静かだと窓を開けて、夏場の光熱費を下げられる、においも同じ)
□大家の人柄(住人の選別に関わる、敷地内の清潔具合を左右する)
□管理会社はどういうところか(月額で契約するところや大家の場合がある)
□階段から遠いか(不快な生活音があるかどうか、部屋の壁と隣接している場合は気になる)
□エアコン取り付け位置の確認(天井と窓の間隔次第では取り付けできない場合がある、2階以上だと高所作業で設置費用が高くなることも)
□自転車置き場の清掃具合、補修具合(荒れていると自分の自転車が壊される)
□洗濯物を干す場所の地面に鳥の糞があるかどうか(外に洗濯物が干せるかどうかを左右する)
□洗濯機置き場の確認(屋外だと洗濯機の劣化が早い)

備考:昔は賃貸雑誌より不動産担当者が所有している情報が最新だという話があったが、今はネットが最速のようだ。(先約があればもちろん取られる。)

また、案内してくれる不動産担当者は、お客であるあなたの人柄を大家に伝える交渉人でもあるので、大家に接するようにつきあうのがいいだろう。